最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    慶應・英語・独学

    経済的な理由などから大学受験は独学で頑張りたいという人も多いと思います。もちろん独学で大学受験の勉強はするのは大変です。実際私も大変でした。どのテキストを使えばいいのか、どんな風なカリキュラムで勉強すればいいのか、過去問はいつからとき始めればいいのか、など疑問はたくさんでてきます。そこで私の体験談を、合否を分ける科目になりやすい英語に絞って少しお話したいと思います。親に負担を掛けずに頑張っている受験生の皆さんの応援になれば幸いです。
    独学で大学受験勉強するにあたって合否をわけるポイントは
    1、 教材
    2、カリキュラム
    3、 模試
    4、 モチベーション
    の4つです。一つずつ詳しくお話していきたいと思います。

    1、 教材
    一番大切なポイントになります。どんな教材を選び、勉強するかで合否が変わるといっても差し支えないと思います。よく「たくさん時間をかけて勉強しているのに成績が伸びない」といっている人もいますが、この場合教材のレベルが自分に合ってない、(難しすぎるテキストを使ってしまっているなど)、教材の使い方が間違っている、などが原因であることが多いです。英語が苦手な人は中学レベルの問題から解き直してみる必要があります。公立高校の試験問題で8、9割以上取れなければ高校レベルの問題はまだ早いと思ったほうがいいです。英語は一番基礎が大切になる科目です。焦らずに自分のレベルに合った参考書から順番に取り組んでいきましょう。もちろん何周かその教材を取り組み、理解度を8、9割まで上げることが重要です。独学での勉強は自分がどれ位の学力なのかしっかりと理解しなくてはいけません。

    2、 カリキュラム
    独学で勉強をするということは自分で勉強のスケジュールを立てなければいけません。カリキュラムには2種類あります。1つ目が時間割のように何時までにこの科目、このテキストやる、といった「短期間カリキュラム」です。そしてもう1つが、今月はこのテキストを終わらして、冬休みまでに単語帳をもう一周やるなどといった「長期間カリキュラム」です。どちらももちろん大切ですが、注意して欲しいのはカリキュラムを作る順番です。必ず「長期カリキュラム」から作り、その予定をこなせるように1日の勉強量を調節しましょう。間違ったり分からなかったりするところを復習できるようにカリキュラムは少し余裕を持って作ったほうが、1つ1つの勉強を丁寧に行うことが出来るので効果的です。

    3、 模試
    教材のところでもお話したように、自分の学力を正確に把握することはとても重要です。しかし独学で受験勉強をする場合、周りに基準となる学生もいないためどうすればいいかわからないと思います。そういう場合は積極的に模試を受けましょう。間違った問題を復習することで自分の弱点克服につながりますし、自分の学力や周りの受験生との差がしっかり分かるのでおすすめです。

    4、 モチベーション
    意外と思う人も多いと思いますがモチベーションも合否を分けます。模試の結果が悪かったときや、思うように成績が伸びなかったりしたときも勉強へのやる気をなくさずに頑張れるかはとても重要です。少なくとも半年以上は受験生として勉強一色の生活を送る中で必ずモチベーションが下がってしまう時期はあります。そんなとき予備校や塾であれば他の頑張っている受験生や講師の先生がいるので頑張り続けられますが、独学ではそうはいきません。そんなときの対策を教えたいと思います。まずは生活リズムです。夜遅くにねむいまま勉強をしていても効果は薄いので、朝型の生活を目指しましょう。朝起きてすぐに勉強できない人は顔を洗ったり散歩したりするのを日課にしてもいいと思います。そしてもう一つは息抜きの時間をつくることです。お昼休みでも、寝る前の1時間でも何でも良いので時間をきめて自分の好きなことをしてくつろぎましょう。毎日肩に力を入れて頑張っていてもうまくいきません。自分のモチベーションもしっかりコントロールしましょう。

    Leave a Reply

    You can use these HTML tags

    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>